聖岳東尾根〜上河内岳・写真選






北岳バットレス

12月18日
吹雪去り、マイナス15度を下回る朝。満天の星空を仰ぎ風に吹かれながら前進。やがて陽が昇り目の前には朝焼けに染まる北岳バットレス。これまでの労が報われる、心震えた瞬間。あの時の感動はあの環境で対峙しているからこそ。
美しき山景色・塩見岳

帰国して初めての山は南アルプス・塩見岳へ。無風快晴の塩見岳山頂でのんびりと眺める日本の山。大きな富士山がとりわけ印象的。今回が3年ぶり3度目の塩見岳、良い山だ。次は厳冬期にトライしたい。
晩秋の静かな山、久しぶりに歩く日本の森、色鮮やかな美しい紅葉、快適な冬季小屋での楽しい宴…良い山であり、筋力不足を感じる山行でもありました。締めの大鹿村・赤石荘の温泉&ボリューム満点な駒ヶ根名物のソースかつ丼も◎

フジヤマ

10月18日
日本を代表する山といえばやはりこの山ですね。マナスルで出会った世界各国の登山者にもフジヤマは有名でした。気持ちの良い秋晴れの下、静かな山をのんびり満喫しました。
不二之山_新

5月8日
写真展「不二之山_新」へ。
写真家・井賀孝さんが捉えた霊峰・富士の世界。じっくり拝見させていただきました。
今回は撮り下ろしの写真のみ、というのがまた良かったです。お忙しい中、冬富士の撮影秘話などをお話ししていただきました。
これまで自分は雪のある時期に挑むばかりで、人間で溢れる夏の最盛期(7月中旬〜8月)には1度も登ったことのない富士山ですが、この夏は登ってみようとも思いました。

俳優・井浦新さんとのトークショーも面白かった。1枚目からその写真を持ってくるか、とまずは苦笑い。強烈すぎる幕開け。
トークショー最後の井賀さんの締めのコメントには思わず唸ってしまいました。
夜明け

4月19日
夜明ける槍・穂高連峰。
3月11日

2015年3月11日
麓から望む南アルプスや八ヶ岳は寒気の雲に覆われている。
今日の南アルプス主稜線で唯一姿を見せていたのは鳳凰三山(写真)。地蔵岳・オベリスク(右)が霞む。山は厳冬の様相に逆戻り。
厳しさを感じる自然の風景。
北アルプスの予定をあえなく変更し、これから入山です。厳しい山になるはず。

今日は3月11日。あれから丸4年。
いつまでも忘れることはない。
見事な競演

野呂川の深い谷を隔て聳え立つは日本第二の高峰・北岳(3193m)。
その背後には日本最高峰・富士山(3776m)。
仙丈ヶ岳ならではな見事な競演。
いつもお世話になっている北岳肩ノ小屋も望めます。あちらからの仙丈も素晴らしい。
今冬は2012年2月の白峰三山単独縦走以来、3年ぶりに雪の北岳の頂を目指したい。
長い長い池山吊尾根の厳しいラッセルが待っているはずです。
思い返せば、前回の厳冬期・仙丈ヶ岳のきっかけは直前の北岳計画敗退。
そしてあの仙丈ヶ岳登頂は翌年3月初めての冬期北岳登頂に繋がった。

八ヶ岳より下山。
今日は茅野駅前で友人とご飯を食べ、10日ぶりに帰宅。
先週は快晴の南アルプス・仙丈ヶ岳を満喫しましたが、今週は山には行かず休養。
まずは年明けより続くこの忌々しい咳を克服したいです。

木曽御嶽山大噴火

20141107092740617.jpg

霊峰・木曽御嶽山(3067m)大噴火…。
2011年に働いていた時以来、来週末久しぶりにこの山を再訪する予定でした。。
御嶽山頂上の友人小屋番はじめ、山に残された登山者が心配です。。
山は生きている。
なにが起こるかわからない。

写真は後日、八ケ岳・阿弥陀岳より望む木曽御嶽山。
神々の住む山嶺

201409222015331c1.jpg

夢・憧れはいつも心の中に。
今日も大日平での山仕事始めます。