山のお天気

20140923171302395.jpg

この週末の友人との山旅は悪天候予報であえなく中止に。
残念だけど、お天気ばかりは仕方なし。
恵まれることもあれば、
恵まれないこともある。
2014年の海外遠征ではお天気に恵まれたからこそ目標の山に登れた。
南米・アコンカグアも、
アラスカ・デナリ(マッキンリー)も、
南米・ペルーアンデスも、
ほんと紙一重だった。
Summit Dayが1日ズレたら登れなかったかもしれない。

極めつけはアコンカグアの後、はるばる行ったパタゴニア。
ベストシーズンでも悪天候の事が多く、
天気待ちをしても見れない事が多いという、
パタゴニア・フィッツロイ山群。
行ってみると・・・
滞在日すべてが雲ひとつない快晴という良い意味でのまさかの展開…。
聞けばその直前までは悪天候がずっと続いていたらしい…。
パタゴニアのロゴマークで有名なフィッツロイ(写真)やセロ・トーレをはじめ、
心に残る異様な山容を拝むことができたのも、好天に恵まれたからにつきる。
ただただ感謝。

地球の裏側・南米大陸に行くチャンスなど、次いつあるかわからないのだから…。
絵葉書を出しても日本に届くまで1ヶ月近くかかる場所。
日本国内を旅するのとはワケが違うんです(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック