人生挑戦あるのみ

20140922201604a8d.jpg

標高7000mを超えた世界とはどんな所なのだろうか。
自分の身体で体感し、確かめたい。
日本では決して味わえない、得られないもの、を体感できるはず。
今年の海外山行(アコンカグア、マッキンリー、ペルーアンデス)は新しい土地を見るということと同時に、その先に向けての経験という大きな意義があった。

私の最高標高は南米大陸・アコンカグア峰(アルゼンチン、写真)の6962m。
さらなる高みを目指したい。
それがその先に活きれば良い。
登れるか、登れないか、そんなものはわからない。
わからないからこそ登りに行く意義がある。
若いうちに、一度も挑戦せずには終われない。
そのためには・・・
まず貯金貯金w

「あの世界を覗いて見たい」
その気持ちはこの数年心の根底に常にある。

そんな事を自問自答する台風迫る大日平の夜。
21時消灯、娯楽など皆無なここでの夜は、物事を考える時間が必然的に多くなってしまう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック