世界第三位の高峰・カンチェンジュンガ(8586m)を巡る想い

IMG_2061_convert_20121201183631.jpg

峠の田舎町ビレタールより望むカンチェンジュンガ山群。

8400mを超える4つのピークを持つカンチェンジェンガの頂上稜線。
主峰は8586m、世界第三の高峰です。
左には特徴的な怪峰・ジャヌー(7710m)が聳え立ちます。

2009年、あの高峰の麓を3週間ほどかけてトレッキングしました。
カトマンズから2泊3日(夜行バス1泊、フェディンというイラムの先の田舎町に1泊)かけての登山口・タプレジュンまでのローカルバスの旅(乗車合計35時間以上)。
フェディンから先、最後の9時間は悪路でバスは揺れに揺れ・・・
なにもかもが刺激的な旅でした。

今回、帰国翌日に発熱をし、寝込みながらそんな2009年のことを思い出していました。

あの時は初めての海外。
(たぶん牛乳をパックごと一気飲みしたのが発端で・・・)
2009年も帰国翌日に発熱。40度前後まで上がり、上から下から苦しんだのを覚えています。
意識朦朧で病院に行き、ネパールから何かよからぬ菌を持ち込んだのではと疑われた覚えがあります。ちなみにまだ余裕もあったので今回は医者に行きませんでした。

あの時はやばかった。。
今回も1日で熱は収まりましたが、非常にダルかったので帰国直前によもや蚊に刺されたこともありよもや〇〇リアか・・とか思いましたが、なんとか大丈夫そうです。

カンチェンジュンガ山群。
登山とかとは二の次に、純粋にあの場所にまた行きたい!そんな思いがあります。
初ネパール、しかも初海外、「それでカンチェンジュンガ山群に行った人間はいないのでは」と当時お世話になったコスモトレックの大津夫妻に驚かれた記憶があります。
なぜそんな場所に?・・・ヒマラヤの写真集を眺めていて、カンチェンジュンガそしてジャヌー北壁にビビッときた!そこが始まりと思います。

カンチェンジュンガ山群は外国人が二人以上でないと入れない特別な地域。
これぞネパールの原風景が広がります。
そして美しい山の数々。
カンバチェンで間近に仰ぎ見たジャヌー北壁は、今まで見たヒマラヤの数ある壁の中で一・二を争うインパクトがありました。
近い将来(行ければ来年)、また必ず行きたいと思っています。
どなたか、ご一緒にいかがですか?

カンチェンジュンガは自分にとって特別の山、そして憧れの山です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック