初めての海外・ネパールヒマラヤ~怪峰・ジャヌー(7710m)~
RIMG0545_convert_20120406224743.jpg

2009年秋のネパールヒマラヤ。

初めての海外で、一人旅。
強烈すぎた一ヶ月半。

出国も初めてで、成田空港から一人テンパってオロオロ。
降り立ったカトマンズでは群衆に囲まれ、タクシーに押し込まれ初っ端からぼったくられる。

初めて見るヒマラヤの峰々。
あまりのスケールの大きさに圧倒される。
見ることやること初めてで、まさにカルチャーショックの連続。

特に印象に残ってるのが、世界第三の高峰・カンチェンジュンガの麓を訪れたカンチェンジュンガBCトレック(ヤルン氷河→ミルギン・ラ→パンペマ)。
エベレストエリアとは違う、昔ながらの原風景と素朴な村の人々。
トレッキングのスタート地点・タプレジュンまでは現地人でいっぱいなローカルバスで首都カトマンズよりバスに揺られること35時間(2泊3日)。
最後の9時間は日本では考えられない悪路に生きた心地がしなかった。

バスの余韻が残るキャラバン初日、スケタールの空港脇[空港といっても雑草生い茂る野っぱら]から見た、夕焼けに燃え上がるごとく真っ赤に染まるカンチェンジュンガの巨大な山塊には心底感動した。

そして今まで見たヒマラヤの峰々でとりわけインパクトがあったのは、
カンバチェンから望んだ怪峰・ジャヌー(7710m)。
山との距離が近く、その迫力といったら凄まじいものだった。

・・・

ふと久しぶりに見た2009年のネパールヒマラヤの写真。
ゴーキョピーク(エベレストエリア)・カンチェンジュンガBC・・
多くの出会いがあり、実に中身の濃い日々でした。

カンチェンジュンガエリアには再び訪れたい。
揺るぐことのない、強い思いがあります。

[画像]
カンバチェン手前の山腹道より望むジャヌー北壁。
あまりの迫力に、しばし空いた口がふさがりませんでした・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック