2009年山旅
RIMG0492_convert_20160120224202.jpg
[初めての海外はネパールヒマラヤへ。旅の1番の目的は世界第3位の高峰・カンチェンジュンガ(8586m)をBCから間近に仰ぐこと。カトマンズからローカルバスを乗り継いで3日目、車窓からカンチェンジュンガを遠望。左には怪峰・ジャヌー(7710m)。これから3週間にわたる長いトレッキング。忘れられない旅になりました。]

1月5日  
八ヶ岳・硫黄岳
愛工大名電高校・倉野野球部監督と。
DSCN1247_convert_20120209190432.jpg

2月7日~2月8日  
八ヶ岳・赤岳
DSCN1287_convert_20120209190828.jpg

2月8日  
ジョウゴ沢乙女の滝(アイスクライミング)
棚橋ガイドと。
DSCN1334_convert_20120209190636.jpg

2月13日~2月14日
信州・聖山
(花谷ガイドの実家・レストランTomaitoへ)
DSCN1358_convert_20120209194435.jpg

2月20日~2月21日  
丹沢・寄~鍋割山~塔ノ岳
DSCN1397_convert_20120210000801.jpg

塔ノ岳山頂からはダイヤモンド富士と東京や横浜の夜景が綺麗だった。

2月28日〜3月1日  
北アルプス・西穂高岳
DSCN1536_convert_20120209214044.jpg

初めての冬の北アルプス。とっても緊張したが、偶然にも居合わせた遠藤ガイドのアドバイスもあり、なんとか西穂高岳に登ることができた。目の前に広がる、奥穂高岳~前穂高岳の大障壁は素晴らしかった。

3月14日~3月15日  
八ヶ岳・南沢大滝~大同心大滝(アイスクライミング)
杉坂ガイドと。
DSCN1579_convert_20120209222726.jpg

3月26日(金)〜3月27日(土)  
南アルプス・甲斐駒ヶ岳黒戸尾根(八合目で敗退)
DSCN1666_convert_20120209223551.jpg

黒戸尾根を登る道中は小屋番さん以外誰にもに会わなかった。七丈小屋までもラッセル、鎖・階段を掘り出しながらの登りに心底疲れ果てテント持参にも関わらず、あまりの温かさに負けて小屋に泊まる。。翌日は腰・急斜面では胸まで埋まるラッセルに四苦八苦。八合目上の岩場で諦め、悔しさのなか下山する。下山日は土曜日、すれ違う登山者に「ラッセルありがとうございました」と言われ、登頂できなかった自分が妙に虚しく悔しかった。

4月5日〜4月6日  
中央アルプス・木曽駒ヶ岳
チーム山行。
DSCN5349[1]

初めての中央アルプスへ。Hガイド主導の「Team First Ascent」初めての集まり。今回が初顔合わせにも関わらず異様に盛り上がる、個性豊かな皆さんとの一時。後に多くの山旅をご一緒する皆さんとの出会いであった。

4月11日〜4月12日  
富士山・吉田口
花谷ガイド・谷ガイド・井賀さん・村住さんと。
DSCN1736_convert_20120209223743.jpg

人生初めての富士山へ。順調に登り辿り着いた日本最高峰・富士山剣ヶ峰からは、眼下にひろがる長大な南アルプスの白い連なりに感動する。

4月27日〜4月28日  
南アルプス・笊ヶ岳
DSCN1753_convert_20120209214600.jpg

登山口・雨畑老平からは標高差2000m以上。隠れた南アルプス屈指の長大なる急登。長い登りを経て立った笊ヶ岳山頂からは南アルプス南部の巨峰が圧倒的。実に心に残る素晴らしい山旅だった。下山後は笊で出会った新潟の方々にお世話になる。

4月30日〜5月2日  
北アルプス・剱岳源次郎尾根
水野ガイドと。
DSCN1873_convert_20120209215133.jpg
DSCN1876_convert_20120209215307.jpg

チーム山行の前にはプライベートで今夏お世話になる剱沢小屋へご挨拶に伺う。突然の訪問だったが、皆さんに歓迎していただく。初めて生で見る剱岳に感動。剱沢では多くのガイドさんに遭遇。
そんな中小屋で出会ったMガイドにお誘いをいただき、急遽剱岳源次郎尾根へ。思いもよらぬ初めての登頂となった剱岳、美しい源次郎尾根の雪稜、頂上からの雪の北アルプスの眺めは素晴らしかった。

5月2日~5月3日 
立山(雄山~大汝山~富士ノ折立~大走り)
花谷さん・宮西さん・村住さん・黒田さん(TFAチーム山行)と。
DSCN1831_convert_20120209215459.jpg

剱沢から雷鳥沢に下山し、入山してきたTFAの皆さんと合流。雪の立山連峰を目の前に、大量の食材で宴会。お腹いっぱいで苦しかった・・・!(笑)翌日は素晴らしいお天気の下、立山を縦走。大走りでは豪快な尻セードを楽しむ。

5月10日  
奥秩父・瑞牆山
DSCN1942_convert_20120210003448.jpg

5月14日〜5月16日  
駒ノ湯〜越後駒ヶ岳〜中ノ岳〜十字峡
DSCN2208_convert_20120209221938.jpg

誰一人いない残雪の越後駒ヶ岳〜中ノ岳。駒ノ小屋への登りでは吹雪になり、ホワイトアウトの中、小屋が目の前に現れた時はホッとした。翌朝は霧に包まれていたが、劇的に天候好天。雲海に浮かぶ新雪の山並みに、ひとり山頂で感動する。そして行き帰りいずれも地元の人々に車に乗せていただき、新潟の人々の人情に触れる。

5月23日〜5月25日  
北アルプス・奥穂高岳
DSCN2369_convert_20120209222530.jpg

静かな涸沢より奥穂高岳へ。涸沢ではモルゲロートに輝く穂高の山並みが美しい。穂高岳山荘上の雪壁にはトレースなく、特に下りは緊張した。

6月2日〜6月10日  
南アルプス南部縦走
畑薙第一ダム→茶臼岳→上河内岳→聖岳→兎岳→赤石岳→荒川三山→二軒小屋→伝付峠→田代入口

DSCN2643_convert_20120209223937.jpg

初めての南アルプス南部へ。異様に膨れ上がったザック、未知なる長期単独縦走に出発前はとても大きな不安に襲われた残雪に悪戦苦闘の稜線歩き。雨に雹に・・・、移り変わる梅雨時の天候。兎岳~百閒洞ではホワイトアウトにはまり、雪上で道もわからずあわやビバーク。聖平で単独行の方に出会って以降は二軒小屋まで人っ子一人あわず出会ったのは雷鳥のみ。巨大な山塊連なる3000mの稜線でなにか孤独感を感じる。丸5日、他人を見ないのは初めての経験。大きな糧になった南アルプス南部の縦走だった。

6月20日  
奥秩父・乾徳山
DSCN3023_convert_20120209224217.jpg

6月27日〜6月28日  
南アルプス・仙丈ヶ岳地蔵尾根→仙塩尾根→両俣小屋
村住さんと。
DSCN3082_convert_20120209224334.jpg

仙丈ケ岳には西側に知られていない長大なルートがあった。気になっていたその名も地蔵尾根。我々以外全く人のいなかった地蔵尾根を登り詰めた稜線には北沢峠から登ってきた多くの登山者。暗いうちに登山口を歩き出し、登ること11時間。仙丈ケ岳から見下ろした麓へと延びる地蔵尾根の長い長い尾根を見下ろし感無量だった。また訪れたい南アルプスらしさを体感できる尾根である。

7月7日~10月8日
北アルプス・剱沢小屋小屋番生活
DSCN4292_convert_20120209230747.jpg

8月〜9月 
北アルプス・剱岳(3回)・奥大日岳
DSCN3600_convert_20120210091844.jpg
DSCN4276_convert_20120209230636.jpg

9月14日〜9月19日 
北アルプス長期縦走(剱澤小屋休暇で)
剱沢→立山三山→五色ヶ原→薬師岳→黒部五郎岳→三俣蓮華岳→双六岳→槍ヶ岳→上高地→富山→室堂→剱澤
槍ヶ岳で宮西さんと偶然出会う。驚いた。
DSCN4017_convert_20120209225621.jpg
DSCN4100_convert_20120209225917.jpg
DSCN4215_convert_20120209230236.jpg

剱沢小屋の休暇を利用して北アルプスを一気に駆け抜ける。雹降る悪天の中、なんとか辿り着いた薬師岳。翌朝はうって変っての快晴。もう一度登り返した薬師岳からは眼下に広がる富山湾、行くて遥かには槍ヶ岳、振り返れば剱岳の最高の展望。黒部五郎小舎や双六小屋ではお世話になった人々との再会。槍ヶ岳山荘ではお互いビックリな宮西さんと偶然にも出会い、一緒に槍ヶ岳山頂へ。頂からは360度の大展望、立山・剣はもちろん歩いてきた縦走が一望でき感無量。遠くには富士山も。頂上からは剱沢小屋に電話をする。槍ヶ岳山荘の小屋番・野田さんの一発芸も最高だった(笑)

10月10日〜10月12日  
南アルプス・白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)
なっちゃんと。
DSCN4504_convert_20120209231002.jpg

剱沢小屋でともに働いたなっちゃんと白峰三山へ。快晴の縦走路。間ノ岳より望む富士山の巨大さが印象的。

10月16日〜11月28日
初めての海外・ネパールヒマラヤ
エベレスト街道・ゴーキョピーク
RIMG0351_convert_20160120224527.jpg
RIMG0405_convert_20160120224753.jpg
カンチェンジュンガBC
RIMG0545_convert_20160120224006.jpg
RIMG0641_convert_20160120224116.jpg

初海外、そして一人旅。カルチャーショックの連続。もはや言葉では言い表せないとっても刺激的だった1ヶ月半。ヒマラヤは素晴らしいの一言。大きな経験になった。

12月19日〜12月20日  
奥秩父・雲取山~鷹ノ巣山~石尾根
村住さんと。
RIMG0077_convert_20120209231837.jpg

12月26日〜12月28日  
南アルプス・鳳凰三山
村住さんと。
RIMG0168_convert_20120209232215.jpg

快晴の鳳凰三山からは谷を隔てて純白な白峰三山が美しい。冬の北岳への憧れが膨らんだ山旅だった。マイナス20度はゆうに下回っていたであろう極寒なテントでの二晩も印象的。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック