剱岳長次郎谷No3

5月18日
剱沢小屋→長次郎谷左俣→剱岳→平蔵谷→剱沢小屋



長次郎谷左股を登りきると、長次郎ノコル。





見上げればかなり急な雪壁。
最大の難関。

まず最初に自分が取り付く。



フリーソロなので慎重に登った。
久しぶりの雪山、じっくりスタンスを確かめながら。



雪壁を登りきり、後ろを振り返れば北方稜線や後立山連峰の白い山並み。



北方稜線。毛勝山まで連なる山並み。



雪壁を越えてからは、緩やかな雪稜を行く。
無風快晴、最高の条件に恵まれた。



剱岳頂上。
半年ぶりに来ることができた。
素晴らしい好天に感謝!



美しい北アルプスの山並み。
最高です!



辿ってきた頂上稜線を振り返る。
稜線の向こうには白馬三山をはじめとする後立山連峰北部の白い山並みが連なります。



眼下には純白の剱沢。
抜群の高度感!



無風快晴、最高の眺めを堪能することができました。
下りは別山尾根へ。



気持ちの良い稜線を行く。
右手には富山平野。
その奥には富山湾。
そして眼下には、早月尾根や池ノ谷が鋭く切れ落ちる。



何度も行き来した別山尾根。
アイゼンをつけての「カニのヨコバイ」は夏よりもスリリング!



慎重に岩場を下り、平蔵ノコルまで下りてきた。

眼下には平蔵谷が剱沢目掛け、一気に落ちている。

〜つづく〜

[画像]
?長次郎ノコルから長次郎谷を俯瞰する。背後には後立山連峰の爺ヶ岳(左奥)。
?コルへ到着したMガイドパーティー。その左奥には針ノ木岳。
?長次郎ノコル。
?剱岳本峰方面。
立ちはだかる急峻な雪壁。
?登ってきた雪壁を振り返る。
すぐ下にはお客さんを確保するMガイド。
?雪壁の終了点より振り返ると八ツ峰の険しい岩稜。
そしてその背後には後立山連峰。
(右から)鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳・白馬三山。
?毛勝三山(左奥)へ連なる北方稜線。
?雪壁終了点から見る頂上稜線。
頂上はさらに奥。
?剱岳頂上。
?美しい北アルプスの山並み。
?頂上から来た稜線を振り返る。
背後には白馬岳(中央右)や朝日岳(左奥)。?剱岳頂上からの素晴らしい眺め。
ピッケルのピックの先には剱沢小屋。
?早月尾根分岐の背後には大日連山。
?早月尾根を俯瞰する。
?カニのヨコバイ。
?真っ白な平蔵ノ頭(右)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック