春の立山・剱岳No1

5月15日〜5月19日
北アルプスは立山・剱沢へ。
半年ぶりに眺める北アルプス・剱岳。
晴天に恵まれ、剱岳にも登ることができました。

5月16日

富山→立山室堂→雷鳥沢→別山乗越(剱御前小屋)→剱沢小屋

池袋から夜行バスで富山へ。
朝の静かな富山駅からは、電鉄富山で立山へ向かう。
車窓からはたんぼの向こうに立山連峰。



のどかな田園風景。
「帰ってきたな〜」と思った。
久しぶりの雪山、ドキドキ感とワクワク感が交差する気持ち。
山を始めた時のようなあの気持ちを久しぶりに感じていた。



立山駅からケーブルカーで美女平へ。
あっという間に高度をあげる。





美女平からは高原バスに乗り換え立山室堂へ。
立山杉や、落差日本一の「称名滝」を眺めながらバスに揺られて行くとやがて弥蛇ヶ原。



雪深い雪原の向こうには大日連山。
右手には鍬崎山や重量感のある薬師岳。
天狗平からは剱岳が鋭い。





両側の雪壁も徐々に高くなり、やがて「雪の大谷」。
見上げる雪・雪・雪...。

雪の時期に富山側から上がるのは初めて。
「雪の大谷」・・・よく除雪しましたね(笑)



やがて立山室堂。
雪の立山連峰が迎えてくれる。
まずは富山県警山岳警備隊の室堂派出所へ。
常駐隊のHさん・Mさんに出迎えていただき、近況やらをお話しする。
1時間ほど、高度順応を兼て、ゆっくりさせていただいた。



立山室堂は観光客で賑わっていたが、平日ということもあり観光客は少なめ。

しかし見るからに雪は多い。
ところが、警備隊の方に聞けばこれでも先週の大雨で大分雪は解けたという・・・。
今冬の豪雪が思い知れました。

〜つづく〜

[画像]
?別山乗越から眺める剱岳。半年ぶりのご対面。
?たんぼの向こうに北アルプスの山並み。中央に剱岳、左は大日連山。
?立山ケーブル。
?立派な立山杉。
?日本一の落差、名漠・称名滝。
その右側には雪解け時限定のハンノキ滝。
?バスの車窓から眺める弥蛇ヶ原の雪原と大日連山。
??初めて見る雪の大谷。
除雪車フル回転で、どれくらいかかるんだろうか?
?室堂から仰ぐ立山。
雄山・大汝山・富士ノ折立と連なる(右から)。
?みくりが池付近から剱御前を見上げる。
中央にはこれから登る雷鳥沢。
左には剱岳の稜線(早月尾根)が重なる。
右の高みは別山。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック