充実の2015-2016冬
3月31日
今冬も心が満たされる山行が出来ました。厳しい冬山は槍ヶ岳で終了。寂しいようなホッとしたような。怪我無く無事にやれたのが1番。
2015年12月
恵那山、中央アルプス・桂木場~木曽駒ヶ岳、富士山・白山岳、南アルプス・白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)、東北・飯豊連峰(川入~三国岳~飯豊本山、12月27日~1月1日)
2016年1月
氷ノ山、上州武尊山、谷川岳西黒尾根、荒船山、大菩薩嶺、八ヶ岳・赤岳
2016年2月
南アルプス・笊ヶ岳ランカン尾根~小笊~大笊(笊ヶ岳)~布引山
2016年3月
南アルプス・聖岳東尾根~聖岳~上河内岳、南アルプス・仙丈ヶ岳地蔵尾根、谷川連峰・白毛門~朝日岳~巻機山、北アルプス・大喰岳西尾根~槍ヶ岳~西鎌尾根

今の私の力を尽くした自分なりの充実の山行が出来ました。その中でも印象的な山行を以下にまとめました。今冬の田口の備忘録。

①本来の山の大きさを体感。これこそが真の山登りだよなと頂でロープウェイ組を横目に思った「桂小場~木曽駒ヶ岳(12月5日~12月6日)」
②私の1番好きな稜線。今回は雪も少なくあの厳冬期の厳しさは無いけど、南アルプスの小屋番仲間達との愉快な山旅であった「南アルプス・白峰三山(12月16日~12月20日)」
③連日吹雪に晒された白き世界。時に腰ラッセルをしながら猛烈な烈風の中のサミットプッシュ。風雪の向こうにぼんやりと山頂標識が見えたあの時の気持ちは言葉では言い表せない。山行5日目の12月31日夕方、初めて姿を見せてくれた美しき飯豊連峰主稜線に感動し、飲めや歌えや最高の年越し。本物の雪山を味わった「厳冬の飯豊連峰・飯豊本山(12月27日~1月1日)」
④霧に包まれた樹林帯の一向に変化のない景色の中で雪にもがき苦しみながら這い上がった真っ白な濃霧の頂で大いなる充実感に包まれた「笊ヶ岳ランカン尾根(2月11日~2月13日)」
⑤南アルプスの巨峰に抱かれた静寂でこの上なく美しい雪稜を烈風に晒されながらしぶとく諦めずに進み聖岳の大きさを体感。上河内岳の眺めも印象的で、下山中には驚きの出会いもあった「聖岳東尾根~上河内岳(3月1日~3月4日)」
⑥南アルプスの女王の裏の顔を見たくて再訪した「仙丈ヶ岳地蔵尾根(3月11日~3月13日)」
⑦長年想っていたルートを辿りどこまでも連なる美しい白き山並みに歓喜した「白毛門~朝日岳~巻機山(3月16日~3月18日)」
⑧風雪を突き抜け青空広がる北アルプス主稜線。大展望の頂で思いを巡らせ一礼して下山。いろいろあるけど山は良いなと思った「大喰岳西尾根~槍ヶ岳(3月24日~3月26日)」

いずれも自分達以外に人間は稀で静かな山旅。私の今の志向を体現した山行。今しか行けないかもしれない、深くて静かな昔から憧れていたルートを巡っておりました。長年想っていた計画を実現でき嬉しかったです。それぞれが各地の山仲間との山旅。単独で深くて静かな山に行く山熱が今の私には無く、友人達の力にも助けられました。計画発起人(飯豊連峰は除く)の私の思考の誘いに快く乗ってくれた山仲間に感謝です。そして単独ではないがゆえに日程は固定されていることもありましたが、お天気には恵まれた感があります。お天道様にも感謝です。春からの予定も定まりました。楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック