ペルーアンデスNo1
5月31日 曇り→晴れ
リマからワラスにバスで移動。ワラスの街に入るとバスの車窓から夕焼けるワスカランが見える。ペルーアンデスに来たなと実感。バスターミナルで白旗さんと再会!
1ソル=40円くらい
スペイン語を教えてもらう。
チリモヤ→果物、チャンチョ→豚丸焼き屋台、ロモサルタド→庶民飯(肉飯)、ぺすカド、ナランハ→みかん…etc

6月1日 晴れ
ワラス滞在
お世話になるワラスのエージェント訪問。
カルアスの街のホテルに平岡さん訪問。

6月2日 晴れ
ワラス滞在
アルマス広場観光
ウィルカワイン遺跡→1450モンテレー温泉
ワラス2日目はワスカランを眺めながら軽くトレッキングを楽しむも、ハプニング発生。モンテレー温泉手前で大きな黒い犬に襲撃され右足太ももを噛まれ、温泉断念。。狂犬病院を危惧する。エージェントで応急処置。夜は外国人が深夜まで歌え喋るわでうるさく、傷のこともあり、なかなか寝付けない。

6月3日 晴れ
ワラス休養
午前中にエージェント隣のホテルに移動する。日本人宿泊者2名。年配のお二人はアルパマヨBCとワイワッシュサーキットに写真目的で。ワラス在住60年以上の谷川さんともお会いする。コルディアブランカの貴重な写真を見させていただき、いろいろお話しした。足の事も気にされ、通訳していただき、あれやこれやと。大変お世話になりました。

トクヤラフに行くことを決める。イシンカ谷のBCは平岡さんとシェア。アスピランガイド(見習い)を使うことで費用削減。ただしアスピランガイドは正規ガイドと一緒に行動をしなくてはならない。夜はサムエルで鶏肉2分の1をがっつりいただく。

6月4日 晴れ
ワラス滞在
明日からの登山の準備。
昼にワラス市内を散歩、高台まで行ったり、走ったりする。
夕方、白旗さん夫妻がトレッキングより帰ってくる。サンタクルス谷は素晴らしかったようだ。夕食をご一緒する。
夜20時過ぎに明日から行動をともにするガイドのアルフレッド(通称・アルフィー)に装備をチェックしてもらいつつ、ベロニカさんを交え打ち合わせをする。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック