清々しい南アルプスの朝
5月21日
南アルプス・アサヨ峰で迎える夜明け。初めて訪れた静かな山頂で360度の絶景を堪能。写真は陽光を待つ見慣れぬ角度の仙丈ヶ岳。下りてきた伊那市は気温30度の暑さ…清々しい朝の山の空気が恋しかったです。今夜は中央アルプスの麓に住む山仲間を訪ねています。山は良い!
スポンサーサイト
常念小屋の皆さんと
縁があり常念小屋の皆さんとお話をする機会を得た。自己紹介に始まり、話は深まり、お酒も進み…小屋番の方の1人にアコンカグアに登頂されてた方がいた。話をしていると旅の事が懐かしくなり、下山後に自分自身が山中で書いていた日記を久しぶりに読み返してみた。
2ヶ月ほど前のアマダブラムがもし登れていたら宮西さんの誘いには乗らずアコンカグアには行かなかったと思う。アコンカグアの山中で話が生まれたデナリにも行かなかったと思うし、アラスカから1人流れていったペルーアンデスにも行かなかったと思う。そしてアコンカグアに登頂できていなかったら、マナスルにも挑戦していなかったと思う。8000m峰は夢だったが、それに向けてのアコンカグアで得た自信は大きかった。先の事は全くわからない。あの頃は勢いがあり夢物語のような時間であった。
あのアコンカグアもいろいろドラマがあり濃密だった。日本の山も素晴らしくそれぞれの山域に良さがあり、それぞれのスタイルがあるが、高所のあの空気の希薄感は味わえない。世界中の岳人との出会いもあり、目指している事は皆同じ。それぞれの物語がある。多くの人が助けてくれ、良き出会いもあった。全てが懐かしい。
常念岳はこれが2度目。1度目はいつだったかと地道につけ続けている山行記録を遡ってみると2012年の10月30日だった。素晴らしい眺めに感動した記憶があるし、山頂では偶然にも知り合いの方に遭遇する驚きもあった。その後冬に東尾根から試みようとした頃もあったけど、結局4年以上ぶりの再訪になってしまった。今回は友人の希望に乗っての山行であったが行って良かったです。思ってもみなかった山小屋の方との笑いの絶えぬ楽しい時間も過ごせ。昔のことも思い出して。ありがとうございました!南アルプスにも是非お越しください。
槍ヶ岳を望み
5月16日
正面には槍ヶ岳。常念小屋のテント場からの山景色は見事です。沖田さん、中野さん、お元気ですか?槍にもまた遊びに行きたいですね。
芦安からの千頭星山
5月14日
芦安・沓沢〜四十貝山〜千頭星山〜大馴鹿峠〜苺平〜夜叉神峠
近所の山仲間Kさんに誘われたのは「四十貝山」。どこだそれ?…聞けばなんと芦安の裏山(笑)その昔は芦安から千頭星山に登る道があったそうだ(1986年の山梨かいじ国体のために作られた)。週末営業が土曜日の悪天候によりキャンセルとなり…直前で鳳凰小屋小屋番のAさんも合流することに。登山口には古い標識があったが、登り始めからとんでもない急登。道は登り始めから失せるも森はとっても美い。霧深い視界不良の天候、複雑な地形に、標高1500m付近でルーファイに失敗。その後もトラバースしようとして失敗し、適当に尾根復帰しようとして激しい笹薮の急斜面で無駄な体力を使ったり。笹の斜面を猛ダッシュで駆け下りてくる元気な子カモシカ×2に正面衝突されそうになりもする。千頭星山から先も残雪の踏み抜きや激急登。。焼跡で一瞬雲が切れわずかの間姿を拝めた農鳥岳が美しく。・・・盛り沢山過ぎる約13時間の日帰り山行でした。
静寂の上越国境稜線
DSCN9536_convert_20170513133221.jpg

5月3日〜5月5日
観光地・尾瀬より残雪期ならではの道を平ヶ岳〜剱ヶ倉山〜大水上山〜丹後山と縦走。混雑とは無縁の上越国境稜線を辿りました。春ならではの難しさもあり充実。見渡す白き山並みが最高でした。写真は平ヶ岳山頂より行く方を望む。顕著な越後三山(右上)の手前にはこれから辿る稜線。
剱沢雪堀ミッション
DSCN9439_convert_20170513132901.jpg

5月1日
毎年恒例の剱沢キャンプ場のトイレ発掘ミッションへ。昨年は現場到着時に既に屋根が見えているという異例の雪の少なさでしたが、今年は屋根の上にはしっかり4m以上の積雪が乗っていました。流石は日本有数の豪雪地帯。今年は滞在中お天気の悪い日が多く、タフな4日間でした。滞在中は山仕事関係者や剣御前小舎の皆さんにお世話になりました。富山県警山岳警備隊や、下山中には剱沢小屋主人の佐伯新平さんにもご挨拶でき良かったです。剱岳も素晴らしかった!また登りに行きたいですね。

DSCN9431_convert_20170513132729.jpg