今冬初のスキー!

3月31日
小屋番の皆でスキー!in白樺湖
今冬最初で最後、通算でもわずかに5回目なスキーでしたが、1日フルで滑りとても楽しめました。お天気も、山並みの景色も最高!
来冬はスキーをもっとやりたいですね!

スポンサーサイト
勤務終了

2015年3月30日
八ヶ岳・赤岳鉱泉での今冬の勤務終了。
12月5日から毎週毎週、八王子から八ヶ岳まで通った日々でした。
訪ねてくれた山仲間をはじめ、鉱泉までお越しくださった皆様ありがとうございました。
ゴール?!・・・僕の挑戦は続きます。
今夜はレイクビューの温泉旅館で打ち上げし、小屋番諸氏と諏訪の街に繰り出します〜
※アツシカ・・・鉱泉女将Eさん作図(笑)
命名・・・(笑)
北アルプス・西穂高岳(2909m)

The day!
最高のコンディションで、今までの冬の西穂高岳で1番容易な条件でした。
西穂高岳山頂からの眺めは素晴らしかったです(写真)。
寒の戻り

3月25日
寒の戻り、山は冬に逆戻り。
新雪を浴びた西穂高岳が美しいです。

インドアクライミング!


3月18日
久しぶりにインドアクライミング!
立川で休暇中の赤岳鉱泉小屋番と。
クライミングシューズを履くのは久しぶり、クライミングジムも何年ぶりだろうか??
久しぶりのボルダリングは楽しかったです。

この数年は自然の岩も氷も、インドアクライミングも、その他も・・・ご無沙汰でした。
あれもこれもでは、と割り切って。
プライオリティーは海外登山や国内外の旅。
その昔にはクライミングジムに通い、自然の氷を登りに行ってた頃もありました。
またやり込みたい気持ちはありますが、それを考えるのは秋の旅が終わってからですね。何年越しかな、今秋は憧れの世界への挑戦。
でも3月末の勤務終了までにはまた赤岳鉱泉のアイスキャンディで遊びたいですね。
写真は2009年3月の八ヶ岳ジョウゴ沢・乙女ノ滝。トップロープではありますが、傾斜があり楽しめました。もう6年も前ですね。。
山仲間訪問

3月15日
晴天の下、3人の山仲間がはるばる赤岳鉱泉まで訪ねてきてくれました。
Yさんは今春、世界最高峰・エベレスト(ネパール名・サガルマータ)へ!
僕も立派な応援フラッグに一筆書かせていただきました。こういうのも良いなぁー。
アラスカからヒマラヤへ。
エベレスト遠征の成功を祈ります!

写真は2013年10月22日、カラパタール頂上直下より仰ぐ世界最高峰・エベレスト。その右にはヌプツェの鋭峰がそびえ立つ。
八ヶ岳・赤岳(2899m)

3月12日
地蔵尾根から八ヶ岳・赤岳を往復。
視界不良の強風の中、ジリジリ進行。
今日の稜線は良い風が吹いていました。
先週末の春の陽気から、厳冬の様相に逆戻り。樹木も霧氷を纏って真っ白です(写真)。
アラスカ・デナリ(マッキンリー)以来、久しぶりに履く高所靴をはじめ、新しく購入した物など、強力な寒気の下だからこそいろいろ試すことができました。
3月11日

2015年3月11日
麓から望む南アルプスや八ヶ岳は寒気の雲に覆われている。
今日の南アルプス主稜線で唯一姿を見せていたのは鳳凰三山(写真)。地蔵岳・オベリスク(右)が霞む。山は厳冬の様相に逆戻り。
厳しさを感じる自然の風景。
北アルプスの予定をあえなく変更し、これから入山です。厳しい山になるはず。

今日は3月11日。あれから丸4年。
いつまでも忘れることはない。
アラスカの思い出

2014年5月のアラスカ・デナリ(マッキンリー)遠征の写真アルバムがようやく完成。
心の琴線に響く写真ばかり。
紙の写真は素晴らしい。デジタル画面の画像では伝わらない、紙ならではの力がある。
極北・アラスカの大自然に友と2人で挑んだ、あの厳しい13日間が蘇ります。
大同心稜〜八ヶ岳・横岳〜地蔵尾根

2015年3月2日
アイスキャンディカップから一夜明け、
翌朝、新潟の山仲間と合流し、横岳へ。
大同心稜~八ヶ岳・横岳~地蔵尾根。
吹雪が去った山は新雪に輝き美しかった。
夜は楽しい宴会!新潟の美味しいお酒やおつまみをたんまりいただきました♪

第9回アイスキャンディカップ
2月27日~3月1日
赤岳鉱泉アイスキャンディカップ2015
関わられた皆様、お疲れ様です。
準備・大会・酒盛り・・・
楽しい3日間でした!