木道・木製階段完成!

20140923073805fae.jpg

8月30日
気持ちの良い青空の朝。
山は涼しく秋の気配。
今日、全ての木道の新設が完了しました。
長かった・・・。
残すは木製階段の手直しや、荷下げの準備、片付けなどなど。
古い木道を撤去し、新設の木道を設置するまでの間、
泥道で大変歩きづらく、登山者の皆様にはご迷惑をおかけしました。
新しい木道は快適に歩けます!(笑)
是非とも機会がありましたら、大日平の新しい木道を歩きに行かれてみてください。
今年新設の新しい木道は一目瞭然です!!

201409230735256ef.jpg
スポンサーサイト
CLふたたび
5年ぶりにリバプール・アンフィールドロードにチャンピオンズリーグが帰ってくる!
熱狂的なサポーターによる
You'll Never Walk Alone
の大合唱!
アンフィールドの異様なあの雰囲気!
今から楽しみです!!
特に王者・レアルマドリード戦!
100Kg以上!

20140923073047a55.jpg

8月26日
大雨な大日平。
今日はこんな物を担ぎました。
「100kg級の木道×3回」
写真の木道は水を含んでいるのと、木のフシが多く、手で持った感じでは…120kgぐらいはあるのではないかとのこと。
距離が短いのと、立ち上がる時に先輩1人が補助してくれるので、なんとかなります。
1人ではまず立ち上がれません。。。

20140923073134f16.jpg

しかしながら・・・
100kg級を担ぐのは今年で最後にしたいです。
腰をはじめ、身体に良くないからです…。。
一応、まだまだ先がある身ですし…(笑)
梅雨真っ只中のような長雨の中、過酷な登山道工事は続きます。
夏の甲子園

20140923073951467.jpg

夏の甲子園が終わった。
今日の決勝は雨の中で木道工事をやりながら、ラジオで聴いていた。
雨音が大きく、ラジオのボリュームをMAXにして…(笑)
接戦な決勝戦でしたね。

今年の大会で、特に印象に残っている試合は・・・
①一回戦、東海大相模対盛岡大付属
②三回戦、富山商業対新潟・日本文理
③準決勝、福井・敦賀気比対大阪桐蔭
この3つ。
①、③は偶然にも休みの日で、テレビで観る事ができた。
昨日の敦賀気比対大阪桐蔭の本塁打飛び交う激しい点の取り合いなんかは、記憶に残る試合でしょう。
北信越勢の活躍は見事でした。

大日平での登山工事中はラジオで楽しませていただいた。
杭を打ちながら、ラジオから流れてくる野球応援のメロディを口ずさみながら・・・
厳しい登山道の工事ですが、ラジオから伝わってくる熱闘に力をもらった気がします。

この数年の夏は泊まり込みの仕事をしていることもあり、
甲子園には春のセンバツ大会に観に行った経験があるだけで、夏の大会は未経験。
やはり最後の夏が1番盛り上がるので・・・
近い将来の夏、観に行きたいですな。

甲子園は良い。
僕も昔は野球をやっていましたし、
毎年欠かさずチェックしていますが、毎年ドラマがあり・・・
若人の活き活きしたプレーは良いですねぇ(笑)

夏の甲子園が終わると、
夏の終わりを感じます。
山も秋の気配が漂いつつありますよ。

20140923074052206.jpg
ただのコーラが・・・

20140923170732dd4.jpg

午後3時頃まで木道工事をやり、
一時下山してきました。
今日の山は良いお天気で、結局1日雨に降られることはありませんでした。

山から下りてきて思ったこと・・・
疲れた、とにかく疲れた…。それだけです。
久しぶりに飲んだコーラは実に美味かった。
ただのコーラが・・・
街にいては味わえないこの感覚。

月曜日にふたたび大日平へ入山します。
心身ともに疲れていますので、今日はもう寝ます。
おやすみなさい!
木道工事

20140923071444479.jpg

今日は朝から快晴。
気持ちの良い青空が広がる。
昨日ヘリコプターで運ばれてきた資材を使い、早速木道造り。
日進月歩。
毎日、着実に新しい道は出来ています。
大日平での登山道工事も終盤です。

2014092307151869a.jpg
ヘリコプター輸送

20140923170758b94.jpg

8月21日
大日平は朝から良い天気。
ヘリ輸送に備え普段よりも早く、
山小屋を6時頃に出て、
現場で待機・・・
しかしながら、こちらの天気はとても良いのに、資材のある立山室堂のヘリポートの条件がいまいちらしく、高校野球をラジオで聴きながらしばし待機・・・

ようやくヘリコプターが麓のヘリポートから入ってきて・・・
作業開始したのは9時半頃。
作業は順調。
新しい資材18便(木道)は無事終了。
その後は引き続き廃材回収(撤去した既設木道など)をやり、本日は計27便ほど。
天候悪化により、廃材回収(荷下げ)は途中で中止。
残りの約20便は後日となった。

20140923170819cf2.jpg

8月10日に予定していたヘリコプターによる資材輸送。
天候に振り回され延期、延期と続いたが・・・
8月21日にようやくやってきた。
ホッと一安心。
そんな1日の終わりは素晴らしい夕焼けでした♪
ご冥福をお祈りします

2014092307131931b.jpg

8月20日
午前中はご覧のお天気。
晴天で薬師岳はもちろん、遠くには水晶岳や赤牛岳も見え、大日平は日射しが暑いほど・・・。
しかしながら立山は風が強いみたいで…。
ヘリコプターは本日ようやく立山室堂のヘリポートに入ったものの、強風でヘリコプターは飛ばず…。。
結局本日も資材輸送は中止に。。

午後は2度3度とゲリラ豪雨・・・。
時には雷も鳴り、登山道は滝状態に。。
今年の夏は天候不安定で困りますねぇ…。
この数日やっていた階段造りも、あらかた終わり…。
新しい資材(木道)がやって来ないと、次なる仕事も出来ず、よもやの一時下山か…。
天候に振り回される大日平の登山道(木道・階段)工事です。

最後に、、、
集中豪雨による土砂崩れで発生した土石流により亡くなられた広島の方々のご冥福をお祈りします。
愉快な山仲間

201409230709468e5.jpg

今日も木道工事の資材輸送のヘリコプターは来ず・・・
代わりに、愉快な大阪の山仲間が大日平にやってきました。
ちょうど昼休憩中で、いろいろ話せて良かったです。
山小屋で働いている時もそうでしたが、知った顔が山に訪ねてくるのは励みになりますし、とても嬉しいものです。
ありがとう!
それにしても・・・
毎度毎度、お前のその持っている手拭いおかしいやろw
大日平ふたたび

20140923170659282.jpg

北アルプス・大日平ふたたび。
昼間は晴れて、汗だくに…。
今日予定していたヘリコプターによる資材輸送は・・・、
前の現場が押して、結局明日に延期に。。

当初は8月10日に予定していたヘリ輸送、
長雨続くこの悪天候に振り回され、
昨日が今日に、今日が明日に。。
そして僕の貴重な休暇も悪天候にふり回され・・・。。
今年の夏はどうなっているのだろうか。

やり始めは果てしなく思えた400段以上に及ぶ階段もゴールが見え始め、残すは登山道の木道設置。
新しい木道が飛んでこないと、仕事のしようが無いのです…。。
明後日からはしばらく悪天候な模様。
明日に期待!!
もしもヘリが飛ばないと、本気で困ったことになりそうです…。
明日、晴れてくれー!
頼みますー!!
デナリの写真を振り返り

201409230728187b1.jpg

アラスカ・デナリ(マッキンリー・6168m)。
原住民の言葉で「偉大なる山」という意味のデナリ。
心に強く響く写真が多い。
極北の大自然に挑んだ、あの厳しい日々を思い返す。
写真はファイナルキャンプへ向けて標高約5200mのウエストバットレス稜線を行くアメリカ人のJed。
目指す頂はまだまだ遠い。

・・・

今日の入山は中止。
昨日より続く雷雨による。
時間があるので、今までの山旅の写真を見ていた。
日本の山も、海外の山も、写真を見ているといろいろ思い出す。
僕と山を歩いた人はわかると思いますが、僕は山の風景写真を撮るのが好きです。
これだという風景には出来る限りカメラを向けます。
山旅で撮れた写真を見返す時間はとても好きな時間で、大事にしたい時間。
一期一会の景色。
自然の景観に僕は魅せられ続けています。
山のお天気

20140923171302395.jpg

この週末の友人との山旅は悪天候予報であえなく中止に。
残念だけど、お天気ばかりは仕方なし。
恵まれることもあれば、
恵まれないこともある。
2014年の海外遠征ではお天気に恵まれたからこそ目標の山に登れた。
南米・アコンカグアも、
アラスカ・デナリ(マッキンリー)も、
南米・ペルーアンデスも、
ほんと紙一重だった。
Summit Dayが1日ズレたら登れなかったかもしれない。

極めつけはアコンカグアの後、はるばる行ったパタゴニア。
ベストシーズンでも悪天候の事が多く、
天気待ちをしても見れない事が多いという、
パタゴニア・フィッツロイ山群。
行ってみると・・・
滞在日すべてが雲ひとつない快晴という良い意味でのまさかの展開…。
聞けばその直前までは悪天候がずっと続いていたらしい…。
パタゴニアのロゴマークで有名なフィッツロイ(写真)やセロ・トーレをはじめ、
心に残る異様な山容を拝むことができたのも、好天に恵まれたからにつきる。
ただただ感謝。

地球の裏側・南米大陸に行くチャンスなど、次いつあるかわからないのだから…。
絵葉書を出しても日本に届くまで1ヶ月近くかかる場所。
日本国内を旅するのとはワケが違うんです(笑)
今秋の山旅

20140923072752396.jpg

東京3日目。
我が家のある八王子市は本日の最高気温35℃…。
冷房というものが無い我が家、吹き抜ける風が気持ち良い。
今日は高校野球を観ながら、秋の事についても考えていた。
本棚の地図を眺め・・・、
引き出した地図は計9つ。

北アルプスでの山仕事が終わる時期がイマイチはっきりしないので(9月下旬くらいか?!)…、
具体的な日程は計画の立てようが無いんですが…、
イメージしておかないとすぐには動けないもの。

山の秋は短い。
山仲間や雪との兼ね合いもあります。
早ければ9月中には初雪を迎える剱岳などは、雪が降ったらクライミングシーズン終了ですからねぇ…。

とりあえず・・・
東北と北アルプスのふたつの朝日岳、
南アルプスの北岳、赤石岳にはなんとか行きたいなぁ…。

そんな事を考えながら、
今夜の夜行バスで富山に戻ります。
週末に予定していた友人との北アルプスの山旅は悪天候のため中止に…。
今年の夏は天候不順だなぁ…。
思い返せば、今年の南米→北米→南米の山旅はここぞというところで好天に恵まれました。
山という自然はほんと気まぐれです。
大日平より無事下山

201409230709043aa.jpg

9日間の山仕事を終え、無事下山。
お盆休みをいただきましたので、今夜の夜行バスで東京に帰ります。
心身ともに疲労感があるのは否めませんが、ゆっくり休んでその先の山仕事に備えたいと思います。

今日の夕焼けは綺麗でした。
田園風景の向こうに望む北アルプスが素晴らしかったです。
お盆休み明けはふたたび大日岳(中央右)へ。
その後、9月中旬頃からは剱岳(左)へ。
台風といえば朝日岳

201409231712245ce.jpg

台風一過・・・
とはならず、今日も大日平は不安定なお天気でした。
今日は木製の階段造り。
今回の杭打ちで1番の硬い地面(赤土で岩混じり)に、渾身の力を込め、ひたすら全力で打っても打っても杭はなかなか入らず…
パワフルなNさんに煽られながら、頑張りました。
その瞬間は十数匹は引き連れている虫(ブヨ)も全く気にせず、まさに無心で打っていたと思います。

ところで、台風といえば…
昨年の北アルプス・朝日岳の登山道工事を思い出します。
工事期間中、台風が3回やってきましたが・・・
結果として、1日も休むことなく24日間連続で働き続けました。

台風による凄まじい暴風雨の中、
朝日岳山頂の古い山頂モニュメントを撤去したり(写真)・・・
爆風に煽られながら、木道を運んで設置したり・・・
吹きっさらしの山頂で、廃材の木道にブルーシートをかけ、まるでビバークしているかの様相で、カップラーメンをすすったり・・・
あれから1年近く経ち、懐かしい思い出です。

朝日岳にも行かないとなあ。
昨年設置した木道や山頂標識はどうなっているだろうか?
自分の目で見に行きたいものです。
台風襲来
20140923070726f45.jpg

8月第2日曜日にもかかわらず、本日の大日平山荘の宿泊者は僕ともう一人の山仕事バイトNさん、たったの2人だけ。
工事会社の従業員お二人や山小屋バイトの方も昨日一時下山され・・
大日平山荘のご主人夫妻と息子君(なんと8ヶ月!)、
そして自分達のみな静かな山小屋です。

201409230711281de.jpg

それも全ては台風によるもの。
本日もいつも通り朝から山仕事(登山道の階段造り)をしていましたが・・・
登山者はトレラン2人(TJARの応援ついで?)、
一時下山される大日小屋のご主人Sさん、
そして昨日一時下山されたはずの工事会社の先輩・D夫妻のサプライズ登場…。
登山者5名の静かな大日岳でした。

お天気ですが・・・
午前中は特に問題無し、
昼前から時間が経つにつれて大荒れに…。
山仕事を切り上げて、小屋に戻る頃には、台風らしい凄まじい暴風雨でした。。。

いまだ風は強いですが、富山平野、富山湾の向こうには夕陽が差し込みとても綺麗でした。
明日は台風一過の快晴か?!

20140923070821eb7.jpg
人生挑戦あるのみ

20140922201604a8d.jpg

標高7000mを超えた世界とはどんな所なのだろうか。
自分の身体で体感し、確かめたい。
日本では決して味わえない、得られないもの、を体感できるはず。
今年の海外山行(アコンカグア、マッキンリー、ペルーアンデス)は新しい土地を見るということと同時に、その先に向けての経験という大きな意義があった。

私の最高標高は南米大陸・アコンカグア峰(アルゼンチン、写真)の6962m。
さらなる高みを目指したい。
それがその先に活きれば良い。
登れるか、登れないか、そんなものはわからない。
わからないからこそ登りに行く意義がある。
若いうちに、一度も挑戦せずには終われない。
そのためには・・・
まず貯金貯金w

「あの世界を覗いて見たい」
その気持ちはこの数年心の根底に常にある。

そんな事を自問自答する台風迫る大日平の夜。
21時消灯、娯楽など皆無なここでの夜は、物事を考える時間が必然的に多くなってしまう。
神々の住む山嶺

201409222015331c1.jpg

夢・憧れはいつも心の中に。
今日も大日平での山仕事始めます。
鳥の巣

2014092220144684a.jpg

8月6日
偶然にも登山道脇で鳥の巣発見。
中には・・・。
ヘビ君に食べられませんようにw
山から望む花火

DSCN1997_convert_20140922213328.jpg

山上から見る花火もなかなか良いものです。
8月1日は富山市・神通川の花火大会。
8月4日は富山市・庄川の花火大会(写真)。
両日ともに好天でちっちゃなちっちゃな花火が遠望できました♪
手持ちのコンデジでもなかなか綺麗に撮れ、満足満足!
間近に音を聞きながら見上げる巨大な花火はそれは見事で素晴らしいですが・・・
涼しく快適な山上から富山の夜景越しに見る花火もなかなか良いもんですよね?!

山上から花火を見るのは南アルプス・北岳に続いて2度目。
働いていた北岳肩の小屋からは諏訪湖・韮崎・駒ヶ根・飯田の花火大会を見ることができました。
あの時は標高3000mからで、まさに見下ろす感じではありましたが・・・(笑)
大日岳縦走

2014092220140274e.jpg

昨日から山仲間お二人と大日岳縦走してきました。
ゆるゆる時間をかけ、のんびり縦走。
こんなにゆっくり歩いたのは少なくともこの1年間ではありません(笑)
※標高4000m以上の高所登山を除く!

泊まりは大日小屋。
お天気は・・・。。
ここ最近、毎日毎日晴れて炎天下だったくせに・・・(苦笑)
前回に引き続き、今回も大日岳から鋭峰・剱岳を望むことはできませんでした。
残念。次こそは!

201409222013139a9.jpg

お天気は残念でしたが、お姉様達との宴会は愉快で楽しかった!
大日平でお二人を見送り、僕は今日からふたたび山篭り。
次なる山旅を楽しみに、木道・階段工事に励みます。
焼き鳥50本!

20140922201213908.jpg

11泊12日の山仕事を終えて久しぶりに街に下山し・・・
今夜は焼き鳥!!
僕は串50本いただきました♪
焼き鳥は腹八分目程でやめ、ハシゴした二軒目はオシャレなBAR。
よく食べて、よく飲んで、よく喋った夜でした〜

201409222012447b0.jpg
大日平の住人さん

20140922203257084.jpg

8月1日
今日も晴天な大日平。
黙々と木道撤去。
木道を引き剥がすと・・
トグロを巻きながらお昼寝中な大日平の住人さんその2。
雲が綺麗な1日でした。
今夜は北アルプス・大日平より花火大会鑑賞中です♪