独特なとんかつ屋

先日に、さかいやスポーツのすぐ近くにあるトンカツ屋で腹ごしらえ。

メニューはいたってシンプル。
「トンカツ」「ヒレカツ」「おしんこ」のみ。

ここ、いろいろと独特なお店でした。
他のお店とはちと違います。
違和感を感じました。。

しかし、味は◎
安くて美味かった!
味に自信があるんでしょうな・・・。
帰り道、お店はサラリーマンで満員でありました。
スポンサーサイト
竜ヶ岳より

竜ヶ岳山頂なう。
冬富士が圧巻です!
南アルプス主稜線もずらりと一望!
都心散策

昨日は金沢の友人と都心を巡っていました。友人たっての希望で、山ショップへ。

パタゴニア(目白・神田)、石井スポーツ(神田・原宿)、さかいやスポーツとまわりました。

原宿にはかなり久しぶりに行きました。
竹下通りに行ってみましたが、ありゃスゴイですね。
派手なコスプレの人や、黒人の客引きがいっぱいいました・・・。

夜の竹下通り、田舎の人間は、あの雰囲気馴染めませんな。

[画像]
御茶ノ水駅近くのニコライ堂。

三度・・・、高尾山

2月22日、剱澤小屋でともに働いた小屋番仲間の2人と地元・高尾山へ行ってきました。



友人のひとりは、「日本の裏側」こと石川県の金沢から。
会うのは去年11月、仲間と霊峰・白山に登った際に訪ねて以来。



先日の雪もすっかり消えた、沢沿いの六号路を歩きました。

良い天気の中、あっという間に頂上。
ぼんやり霞んだ冬富士が綺麗でした。
一昨日、あの頂に立ったと思うと感慨深いものがありました。



下りは表参道。
二人とも薬王院の寺社に興味津々でありました。

そして高尾山を登ってて思ったこと。
高尾山、はたして今まで何回登ったんだろ・・・。
今年に入って既に3回。
幼少期から、50回は登ってると思う(多分)。。


[画像]
?沢沿いを離れ、冬枯れの森をいく。
頂上はもうすぐ。
?弥蛇ヶ原から霊峰・白山を振り返る。
快晴の下、新雪の白山三山縦走を堪能した。
?高尾山から望む冬富士。(画像は16日の物)
?高尾山の守護神は天狗。
冬富士

2月19日-2月20日、富士山へ吉田口から行ってきました。
コンディション(天気・風)に恵まれ、登頂することができました。
本八合目(3300m)から上は酸素の薄さを実感しました。
これも富士山ならではですね。

厳冬の冬富士、実り多き山旅でした。

[画像]
富士山・吉田口頂上。
富士山・佐藤小屋より

富士山・吉田口、佐藤小屋にいます。
風があり、テント張るのが一苦労でした。今は落ち着いています。



明日は夜明け(6時くらい)とともに出発。
可能な限り、山頂を目指します。

[画像]
?佐藤小屋。
?夕暮れの冬富士。
頂上付近は雪煙が舞っています。
頂はまだ遥か高みです。

週末は

「日本一」の霊峰へ。
アンストッパブル

17日、池袋で映画「アンストッパブル」を観ました。

エキサイティングでこれぞ映画!という感じ。よかった!!池袋まで観に行った価値十二分。

ファンタスティックな映画でした

夜は、飲み会で広尾へ。
沖縄料理を堪能!
盛り上がり楽しかった!
しかし、飲み過ぎましたね。泡盛。

そして、押しくら饅頭の京王線最終電車。これがきつかった・・・。
暑苦しく、より一層酔いが回りました。

大雨の中、なんとか家に辿りつきましたが、久しぶりにきました。
う〜ん、きつかった〜。

雪の高尾山

雪の高尾山へ行ってきました。
高尾山も降雪でいつもとは趣がちがいました。



登りは稲荷山コースから。
日陰には雪がたっぷり。凍結しているところもあり、要注意。

逆に陽射しのあたる斜面は雪が溶けて、ぬかるむ泥。これがまた嫌らしい。





こんなに雪が積もった高尾山は初めてかもしれません。
今日はアラスカで履く高所靴をあえて履いていきましたが、熱くて仕方ありませんでした。オススメできません(笑)



新雪を踏み、階段を一気に登ると高尾山。
富士山が迎えてくれました。



目を転じると丹沢の山並が綺麗でした。
そして遥か遠くには南アルプスも!
一際白い塩見岳が青空に浮かび、
木陰の奥には農鳥岳も見えました。



富士山は美しい。
とても暖かく霞んでいました。
アラスカへ出発する前に何度か登りたいと思っています。



雪の高尾山山頂。
平日にも関わらず、老若男女多くのハイカーで賑わっていました。



下りは表参道を行き、見晴台から蛇滝へ下りました。



富士山の眺めが美しい1日でした。

[画像]
?高尾山薬王院の天狗。
?登り始めから雪。北側斜面は凍結していました。12本アイゼンの跡も・・・。
??新雪たっぷりの稲荷山コースを行く。
?高尾山では富士山がお出迎え。
?丹沢の山並。中央の1番高いのが、丹沢最高峰・蛭ヶ岳。
?新雪の富士山。左手の山は大室山。
?賑わう高尾山山頂。
?蛇滝。
?冬富士、美しい。
美味しい!

1日遅れですが、ケーキをいただきました。
珍しい雪景色


自宅から少し歩くと富士山や丹沢の眺めが素晴らしい。

14日から15日にかけて八王子でも雪が降り、そしてそれなりに積もりました。
この土地では珍しいことです。



今日は暖かい。山も霞んでいました。この陽射しで雪も溶けてしまいますか。

冬富士が新雪をまといひときわ美しかったです。

23年目の朝

2011年2月15日(火)

2月15日〜2月16日、とあるお山へ行く予定でありました。
それを決心したのは実に昨日。

厳冬期、その山を登るには、山のコンディションによるところが大きい。
そして明日、2月16日の天気図は絶好の条件を示していた。

こんなチャンスはない。
私は行く決心をし、意気揚々と準備を済ませる。
親分(愛称)ことHさんにも背中を押してもらう。
気合が入った!

そんな頃、雪が降ってきた。
しかし当初は楽観的ではあった。
積もることはないだろうと。

ところがだ。

映画「沈まぬ太陽」に見入り、何気なくふと外を見、その光景に正直驚いた。

あれよあれよと雪が積もっている。私は目を疑った。
まさかのドカ雪。
「予想外」まさにそんな感じだった。



明けて2月15日。

1988年2月15日も同じく雪景色だったようだ。
それから23年後の2月15日も雪景色。

山に行くか行かないか迷った。
普段なら行かないでしょう・・・。
しかし今回は起するものがある。
そして迷った。

想定していなかった大量の降雪。
明日の好天・気温上昇。
そして雪崩。
様々な事を考えました。

「行かねばわからないだろう」

そんな気持ちがあったのもまた事実。

行くか行かざるべきか。自分の考えを通すか通さないべきか。そこに必要なのは決断力。

そして結局は行きませんでした。



決心してからの、まさかの大雪。
それもいろいろなものが合わさった、このタイミングで。
何か運命を感じずにはいられません。

山に試されているんだろうか。
実にいろいろな想いが去来する23年目の朝でありました。

[画像]
??朝の自宅前。。
?青空がなんとも歯がゆい。
映画館

今日は久しぶりに映画を観てきました。

お目当てのが上映してなく、今回観たのは「相棒」。
昔からドラマも観ていたけど、映画も◎。実に面白かった!

自宅から自転車でひとっ走り、地元の映画館。
すぐ近くだけど、久しぶり。
「ROOKIES」観た以来かな。
「ROOKIES」ドラマといい映画といい、あれはよかった!元野球少年としては。。

映画自体も久しぶり。友人と観た「アイガー北壁」以来だと思う。
で、その前は「剱岳点の記」。
山もんばかりだ・・・・。

山といえば「岳」が5月に公開される。
数名の知り合いのガイドさんがお手伝いしてたらしい。
賛否両論あるだろうけど、とりあえず観てみたい
でも5月、日本にいない・・・。
極北の大地から帰ってきても、はたして公開しているのか?

とまぁ話がそれたけど、久しぶりの映画館、臨場感があってとても良かった!
また観に行こ♪

RICOH CX2

好きな時間。
それは、山や旅先で撮影した写真のアルバムを眺めること。

ネパールヒマラヤへ出発する前の日、ふと思い立って買ったのが「RICOH CX2」。

初めての海外、このカメラで撮った最初の写真は成田空港だったなぁ・・・。

あれから1年と4ヶ月。それ以来たくさんの写真を撮った。



5月には極北の大地アラスカへ。
アラスカでもどんな風景、そして写真が撮れるのか。。
楽しみです!!

[画像]
?「RICOH CX2」。
?ネパールヒマラヤの思い出。右はナムチェバザールで出会ったシェルパ達と肩を組む私です。
こんな感じで楽しくやっていました。

ドラゴンフライ

一昨日、アラスカ・デナリに向けてガソリンコンロを購入しました。

MSR「ドラゴンフライ」。

ガス缶は国外では入手困難。そしてご存知のとおり海外への持ち運びができません。

そこでガソリン!
ガソリンは世界共通。どこでも手に入ります!

「ドラゴンフライ」は、ホワイトガソリン・灯油・軽油が使用可能という優れ物。



そして今日、組み立て→着火してみました。
初めてのガソリンコンロ。
高所靴にも言えますが、ガソリンコンロもまた慣れが必要ですね!
九州・宮崎

自宅すぐ近くでこんなものを見つけました。
最近開店したお肉屋さん。

やけに目立つこの看板(マネキン)。
そう、東国春宮崎県知事。
宮崎を全国にピーアルしましたね。

でも、この前任期満了に伴い退任したような・・・。



それはさておき、2010年の11月、友人を訪ねて宮崎に行きました。



東国春県知事のおっしゃる通り、宮崎の食べ物は美味しい物ばかり
宮崎、ほんと良い所でした。

それだけに残念でなりません。
口蹄疫・鳥インフルエンザ、そして霧島連山、新燃岳の大噴火・・・。

早く良い状況になってほしい。
そう願うばかりです。

[画像]
?やたら目を引くマネキン。
?宮崎・青島神社。
?宮崎地鶏の刺身。最高!美味しすぎました!


1年ぶりの赤岳

週末は友人と八ヶ岳・赤岳へ行ってきました。
久しぶりの南八ヶ岳。
2月とは思えない、雪の少なさや暖かさに驚きました。



初日は赤岳鉱泉まで。
夜は遅くまで小屋番の皆と、酒を飲みながらあれやこれやと・・・。
翌日は新しい靴を慣らすため、のんびりと赤岳へ行ってきました。



文三郎尾根から登り地蔵尾根を下りました。
天望荘の支配人にも久しぶりにお会いすることができました。



無風快晴、雪少なく、そして暖かな八ヶ岳。
北アルプスの連なりが壮快でした。



小屋番や山岳ガイドさんを初め、たくさんの知り合いの方々と久しぶりにお会いすることができよかったです。

[画像]
?北沢を遡っていくとやがて横岳の稜線が見えてくる。
?赤岳鉱泉の冬の風物詩「アイスキャンディー」。そして夕焼けに照る横岳の大同心と小同心。
?稜線から阿弥陀岳(2805m)。雪が少ない・・・。左奥には木曽・御嶽山(3067m)。
?壮快な北アルプスの連なり。槍穂高連峰(左奥)から白馬三山までずらりと一望。
?赤岳から北八ヶ岳方面を遠望。蓼科山・天狗岳・硫黄岳...(左から)。
赤岩ノ頭より

時間がありましたので、靴慣らしをかね赤岩の頭に登ってきました。



雪少なく、暖かく、無風です。
2月の八ヶ岳とは思えません。

明日は赤岳に行ってきます。
六花亭

先日、小屋番仲間の友人と久しぶりに会い、お土産をいただきました。

北海道といえば六花亭、六花亭といえばの「マルセイバターサンド」。



この紙袋もまた印象的。

六花亭のお菓子は小屋番の時にお土産として何度かいただきますが、どのお菓子もとても美味しいですね!

ごちそうさまでした。
大反省会

1月30日、竹内洋岳さん他の「大反省会」を聴いてきました。

地球上には世界最高峰エベレストを初め14座の8000m峰が存在します。
そして竹内さんは日本人初の14座登頂を目指しています。
紆余曲折ありながら、今まで12座に登り残るは2座。
そして、2010年秋に13座目としてネパールヒマラヤ・チョオーユ(8201m)に挑戦されました。



今年のヒマラヤは条件が悪く、7700mで敗退してしまったのですが、その模様を「大反省会」として振り返りました。

興味深い話の連続。

聞き役は「初代竹内洋岳」の著者、塩野米松さん。
メンバーは竹内さんとパーティーを組んだ阿蘇吉洋さん。
カメラマンの中島健郎さんです。
約3か月間の遠征をユーモラスに振り返っていました。

ヒマラヤでの人体実験ぷりは、他に類がないもの。中島さん撮影の動画には素の人間の姿が映しだされていました。

そしてこの反省会に登場した方がもう一人。
「仮面パートナー」でお馴染み、一般公募の最終選考・3名まで残った井賀孝さん。
通称「塾長」そしてプロカメラマンである井賀さんとは僕自身、普段から付き合いのある仲。

パートナー募集を通じ出会った阿蘇さんとの絶妙な掛け合い、楽しませていただきました。

そして関係者の打ち上げにも急遽参加させていただき、濃い話を聞くことができ良かったです。
むしろこちらの方が面白かったかも。
有意義な時間でした。



ヒマラヤにまた行きたいという気持ちがより増幅した1日でありました。

[画像]
?反省会の模様。
(左から)塩野さん・竹内さん・阿蘇さん・中島さん。
?ゴーキョからチョオーユ(8201m)。
?世界最高峰エベレスト(8848m)。右はローツェ(8516m)。
ゴーキョピークで。

※?画像引用。

詳しくは竹内さんのブログで。