赤岳鉱泉2017冬勤務終了

3月13日に今冬の赤岳鉱泉勤務を全て終え下山してきました。八ヶ岳最終夜は2階に自主避難し38度程の発熱に苦しみながら、WBCオランダ戦を観ながら歓声を上げる小屋番の声が1階からは聞こえてきました…。生で観たかった。13日は多賀谷さん、熊田さん、平岡さん…山岳ガイドの重鎮氏とすれ違いながら下山。喉痛によるハスキー声ではありましたが、ご挨拶でき良かったです。赤岳鉱泉でお会いした皆様、お世話になりました。厳冬期の小屋番生活はとてもハード。毎週末お祭騒ぎの赤岳鉱泉はなおさらです。私なりに貢献できたのではないかなと思います。今日も1日布団の中でしたが、しばし静養して次なる物語に備えます。来年の計画に向けもっとタフな人間にならんといけません。写真は下山前に小屋番仲間と。楽しい冬をありがとうございました。アイスキャンディ職人・Kさん撮影。
スポンサーサイト
今冬初めての赤岳へ

2月24日
外勤(歩荷)のち内勤のち午後4時出発で赤岳(2899m)へ。今冬初めての赤岳。静かな山を楽しめました。夕暮れる山が美しかったです。山は良い!



権現岳の向こうには南アルプス北部の山並み。仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳、鳳凰山…春夏秋冬思い出深い山々を遠望する。噴煙上がる木曽御嶽山は印象的で、北アルプスの連なりも見事でした。貸切の山頂を満喫。



夕焼けに染まる八ヶ岳主稜線を眺めながら下山。赤岳鉱泉から文三郎尾根→赤岳→地蔵尾根の周回を2時間10分ほどで歩きましたが、良いトレーニングになりました。。心肺機能の弱さを再認識。アイゼンの感触を確かめられたのは良かったです。
屋根の雪下ろし

2月21日
屋根の上から望む南八ヶ岳の稜線は今朝までの積雪で真っ白!スカッとした青空に映える白き稜線を仰ぎながら雪かきに精を出しました。

29年目

2017年2月15日、29年目を八ヶ岳・赤岳鉱泉で迎えました。小屋番仲間に祝っていただきました。メッセージを送ってくださった皆さんもありがとうございます。この365日も日本各地やネパールヒマラヤを訪れて充実。聖岳東尾根〜上河内岳、仙丈ヶ岳地蔵尾根、白毛門〜巻機山、大喰岳西尾根〜槍ヶ岳、月山、朝日連峰、利尻山、石狩岳〜トムラウシ山、高嶺〜鳳凰小屋、剱岳南壁、白峰三山〜白峰南嶺、ネパールヒマラヤ…記憶に末永く残る山旅もたくさん。山旅に同行してくださった山仲間の皆さん、そして山小屋(北岳肩の小屋&赤岳鉱泉)まで訪ねてきてくれた皆さん、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。写真はマカルーやエベレストをはじめとするヒマラヤの巨峰をバックに。新たなる大きな目標も出来たので、その挑戦に向けて精進していきます。
荷上げのち硫黄岳へ

2月16日
荷上げ(ヘリコプター10便)のち硫黄岳へ。今年初めての八ヶ岳稜線。終日快晴で貸切の硫黄岳山頂からは北アルプス、頸城山塊、谷川連峰、南アルプス、中央アルプス、木曽御嶽山・・・360度の展望。素晴らしかった!写真は赤岩の頭より遠望する北アルプス(立山連峰〜鹿島槍ヶ岳〜白馬岳)と蓼科山。雪の上に座りしばし山を眺めている贅沢な時間でした。山は良い!
アイスキャンディ

1月31日
春夏秋は槍ヶ岳にいる冬季スタッフ2人とアイスキャンディで遊びました。昨日の降雪で山は真っ白。入山して2週間、忙しい日々が続いていましたがようやくのんびりと登ることができました。昨冬は1度しかやらなかったアイスクライミング。数本登り腕はパンプしましたが、真っ青な空の下楽しめました。



遊んだ後はアイスキャンディのメンテナンス作業のお手伝い。見上げると山が夕暮れに染まっていました。大同心、小同心が美しかったです。

歩荷

1月20日
入山から1週間。ここの生活リズムを取り戻す日々。写真は今日の北沢(荷上げ中46Kgなり)。奥の岩峰は横岳・大同心。その後は週末営業の準備で行者小屋へ(荷上げ&水汲みなど)。明日からの週末は大混雑必至、頑張ります。
今冬も八ヶ岳へ

1月13日より八ヶ岳・赤岳鉱泉で働かせていただいています。僕の入山にあわせて寒波襲来。日曜朝はマイナス18度程まで冷え込みました。週末は外仕事の割合が多く、寒さを我慢する時間でした。3月上旬までいますのでよろしくお願いします。写真は1月18日のアイスキャンディ。