ヒマラヤンブルー
8月18日
今年の夏はお天気が悪く中々気持ちの良い青空とはなりません(晴れ上がっても8〜9時にはガスがもくもく…)。青空の下は心も身体も気持ちが良いので、青空が恋しい今日この頃です。青空といえばヒマラヤンブルーは最高です!飛行機のマイルがありますし、今秋か来春に行こうかと画策中。今秋なら辺境トレッキング、来春ならその後の計画を見据え6000m峰登頂か。いずれも格安で、そして同行者がいればの話ではありますが。どなたかご興味あればご連絡を!写真は昨秋のマカルーBCトレックで。前後して歩き仲良くなったフランス隊のポーターやキッチンスタッフと。バックの山は聖山・ピーク7(6758m)。マカルーBCトレックは外国人も少なく静かな山歩きを楽しめ、本来のヒマラヤの生活を見ることができました。現地に住む人々との心温まる出会いもたくさんありました。辺境の地をトレッキングする魅力ですね。
スポンサーサイト
タイ・バンコク

12月12日
友人を訪ねタイ・バンコクに寄りました。バンコクの著名な観光地(三大寺院など)を巡り、郊外の線路マーケットや水上マーケットへ行ったりしました。毎日タイのビールと美味しいタイ料理を堪能。バンコク在住の友人にたいへんお世話になり、感謝です。それにしてもタイの寺院・仏像はみんなキラキラしてて、目が疲れました…(笑)
ランタン谷

12月7日
ランタン谷を初めて訪れました。昨年4月25日のネパール大地震による被害が最も大きかったエリアとされるランタン谷。村が消失したランタン村をはじめ、大自然の猛威を見せつけられましたが、人々は笑顔で強く生きていました。厳しい環境の中でとても印象的でした。そしてヒマラヤの山々は美しかったです。本日カトマンズに戻り、明日ネパールを離れます。

初めてのマカルーエリアへ

11月30日
ナマステ!亜熱帯のジャングルから標高5000mを越える山旅。世界第5位の高峰・マカルー(8463m)の懐へ。毎日快晴でマカルー、エベレスト東面(カンシュンフェース)、チャムラン、ピーク7、カンチェンジュンガ…ヒマラヤの景色を満喫。ほとんど外国人がいない、本来のヒマラヤを楽しめました。良き出会いもたくさん。帰路はメインルートから逸れ、ヒマラヤの展望抜群な地元民しか知らない道を歩き友人のシェルパの出身の村を訪れ大歓迎を受けてきました。お酒をたくさんいただきました(笑)ジープやローカルバスを乗り継いで本日首都・カトマンズに着きましたが、明日からまたトレッキングへ。写真はマカルーBCでマカルー南壁をバックに。見上げる頂は近そうで標高差は約3700m。マカルーは大きかった。とにかく大きかったです。こんな巨峰にまたいつか挑戦したいものです。
6度目のネパールヒマラヤ

11月12日
ナマステ!今年もこの地に帰ってきました。今回で6度目、何度でも帰ってきたくなる魅力がヒマラヤにはあります。マナスル遠征から1年が経ち、ヒマラヤの巨峰を再び間近に仰ぎ何を感じるか。明日からは元来のネパールを味わえるであろう辺境の山旅を楽しみます。