標高6800mでの葛藤

9月25日
今から365日前はネパールヒマラヤ・マナスルのC3(6800m)にいた。サミットプッシュに備え前日C3に入ったが、先行しているルート工作隊のシェルパがクレバスに落下し負傷してルート工作は中止に。9月25日にBC下山。日程も終盤に差し掛かり登頂に絶望感漂う。登り返す労力は相当なものだし、なによりも気持ちを維持するのが大変だった。憧れの8000m峰の頂に立ちたい。その気持ち一心だったと思う。その時の気持ちが当時の日記に書かれていた。

「9月24日夜…
とにかく全力を尽くした山登りがしたい。あの時(体調好調も悪雪に阻まれ敗退したアマダブラム2013)のような悔しさをまた味わいたくわないのだ。しかしながら、マナスルという大きな大きな山の中腹で、人間は小さい。」

その後、最後の最後にルートが繋がり、サミットプッシュのチャンスを得られたのはまさしく幸運でした。8000m峰への挑戦は一生に一度のようなもの。なによりも圧倒的な山の大きさと、空の色、そして希薄な酸素が印象的。ふとマナスルで記していた日記を読んでいました。
写真・2015年9月25日、マナスルC3から上部を望む。右端の岩峰上がC4(7400m)。左の鋭峰が山頂前衛のピナクル。山頂はその背後でC4まで望むことはできません。この後BCへ下山。この時の気持ちは非常に重かったです。
スポンサーサイト
マナスル(8163m)

2015年10月1日8時7分
ネパールヒマラヤ・マナスル(8163m)登頂。
本日、首都・カトマンズに無事戻りました。
登山を始めた頃からの長年の夢が叶いました。
頂までの道のりは本当に長かったです。
2年ぶり5回目のネパール・カトマンズ

8月31日
ネパールの首都・カトマンズに昨夜無事到着しました。2年ぶり5回目のネパールです。
今日は世界遺産・ボダナートへ。4月の大震災による被害でボダナートも修復中でした。。
今からタメルでお買い物。変わらない喧騒っぷりにネパールに戻ってきたなと思います。
明日ヘリコプターで山麓の村へ入山です。
2015年もヒマラヤへ

1月20日
2015年もヒマラヤへ。

2005年10月に偶然が重なり、学校の先生と北アルプス・穂高連峰(前穂高岳→奥穂高岳)に登り知った山の世界。

山を知って、山に登り始め、山小屋での小屋番生活を始めた、まだ登山経験の少ない頃より思っていたひとつの夢。
それに挑戦します。

5回目のヒマラヤ。
春にと思っていましたが、秋にしました。
それは目指す山による。
本日、申し込み書を郵送。
あと数ヶ月、自分自身を高め備えたい。
僕の今までの山人生で最も困難であろうこの挑戦をやらねば次には進めない、
自分自身そう思い感じ信じています。

1年前の2014年1月20日は南米大陸最高峰・アコンカグア(アルゼンチン・6962m)、
その南壁を仰いでいた(写真)。
あの頂の、さらなる高みへの挑戦。
楽しみです。