南アルプス・鳳凰山、鳳凰小屋

2014年も南アルプス・鳳凰山、鳳凰小屋をよろしくお願いします。
僕は夏から秋にかけては富山県民になりますので、鳳凰山にはおりませんが。
雪掘りの記録を残すべく、また写真アルバム作ろうかと思いますので、よろしくです。

写真は厳しい冬を耐えてきた1本の大きなダケカンバと、鳳凰山のシンボル・地蔵岳オベリスク。
その木の持つ力を感じ、妙に魅入ってしまったお気に入りの1枚。
スポンサーサイト
春の恵み

鳳凰山より下山してくると山麓は恵みの春。
鳳凰小屋の細田オーナーからたくさんのお土産をいただきました。

まずは101歳の元気なおばあちゃんが庭の畑で作られた、
ほうれん草・ニラ・梅をたくさんいただき、

細田さんが渓流で釣られた、
岩魚・アマゴ・鮎、天然の川魚をいただき、

ご自宅の近くで自生している山菜やクレソンを収穫し、
おまけで「岳人」まで(笑)

ほうれん草と岩魚はさっそくいただきました。
とても美味しかった!
感謝、感謝です。
ありがとうございました。
下山しました。

南アルプス・鳳凰小屋の小屋周りの雪堀りより昨日夕方下山しました。
まずは雪の情報から手短に。
今年は山小屋周辺の積雪はとても多く、小屋の支配人氏によると場所にもよりますがおおむね2倍ほどの積雪。
登山道は雪が締まっていたこともあり、そこまで多いとは感じませんでした。

わかりやすく、同じアングル・小屋正面の写真から。
1枚目が今回入山した際の様子。
前日は登山道の核心のトラバースの雪切りをしていたため、到着が日没後になりましたので翌日の4月9日朝に撮影。
正面玄関は雪の下。


2枚目の写真は下山前に積み上げた雪山で。
1枚目との違いが一目瞭然!
これでも地面から2m以上はよじ登っています(笑)


最後は下山後、山小屋の方々と訪れた神代桜で。
朝いた稜線ははるかな高みに・・。
下界は桜満開の春ですが、山はまだまだ普通に雪は降ります。
ご参考までに。
白峰三山

仕事前にひと登り♪
目の前には谷を隔て聳え立つ南アルプス・白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)。
何度眺めても感動するその美しさ。
雪・雪・雪・・・

南アルプス・鳳凰小屋。
山小屋まわりは例年より2倍ほどは積雪あり。
登山道はそこまででも無さそうです。小屋から下の道の話ですが。
毎日朝から日没までひたすらスコップで雪切って、雪ブロック投げての繰り返し。
あと一息、頑張ります。

写真は本日やった(営業用の)水源探し。
地面から雪面まで高さ7〜8mぐらい。
奥にいるのは覗いている人で、そのさらに下に人がいます。見えていません。
ここ鳳凰小屋は機械一切無し、全て人力、手掘りなり。
男3人で雪掘ってます。
雪掘りin南アルプス・鳳凰山

雪深い南アルプス。
山小屋の雪掘り4日目の朝。
本日も終日雪掘りなり。